増築・改築、キッチン、トイレ、浴室(ユニットバス)、洗面などの水廻りリフォーム、外壁塗装、サイディング、屋根塗装、などの外装リフォーム、耐震補強、内装リフォーム、インテリアリフォーム、マンションリノベーションなどはお任せください。

国のリフォーム補助・減税について

 国は、リフォームを税制面から支援しています。省エネや耐震、バリアフリーといった住まいの性能向上や、住宅を長く持たせる、三世代で同居するといった取り組みに対して優遇税制制度が設けられています。

こどもみらい住宅支援事業

  当社は事業者登録申請済みです。 2022年10月31日までに契約を締結した方が対象

条件により工事でこの制度をご利用できる場合があります。詳しくはお気軽にご相談ください。

補助金を利用したリフォーム例
※ 1申請あたりの補助額が合計5万円未満では申請出来ません。
申請には諸条件があります。詳しくはご相談ください。

バリアフリー特定改修工事
特別控除制度(減税)

2022年1月より開始されました。
現在受付中です。

ユニットバスのリフォームをお考えの方には、とってもお得なチャンスです!             

ローンなしでのバリアフリーリフォームは最大20万円の控除

 お住まいのバリアフリー改修工事をすると、税金が優遇される制度があります。所得税に関する制度では、条件に合うリフォームを行うと、所得税から一定額が控除されるというものです。
 中でも、ローンを組まない「投資型減税」でのバリアフリーリフォームでは、最大20万円が控除されます。
 
入居した年の所得税から、「標準的な工事費用相当額(補助金等を除く)の10%」、または「控除限度額(下記)」のいずれか少ない額が控除されます。ただし、所得税額より控除額が多い場合は、所得税額が上限となります。
 
2023年12月31日までに工事を完了して入居し、工事の翌年の3月15日までに、税務署に確定申告することで受けられます。

投資型減税の控除限度額

・バリアフリーリフォーム

 20万円


バリアフリー特定改修工事特別控除制度の対象工事

トイレを改修する工事
トイレを広くする工事
和式便器を洋式にする工事
洋式便器の座高を高くする工事

浴室を改修する工事(ほとんどのユニットバスへの交換工事は対象になります)
浴室を広くする工事
浴槽をまたぎ高さの低いものに取り替える工事
浴槽への出入りを楽にする工事
身体の洗浄を容易にする水栓金具(シャワーを含む)を設置、または取り替える工事

出入口の戸を改修する工事
開き戸を引き戸、折れ戸に取り替える工事
ドアのノブをレバーハンドルに取り替える工事
戸車などの戸の開閉を簡単にする器具を設置する工事

手すりの取り付け

段差の解消

通路等の拡幅

滑りにくい床材料への取り替え

階段の勾配の緩和

※補助金などを除いたバリアフリーリフォーム工事費用相当額が、50万円を超えていること。

※居住部分の工事費がリフォーム工事費用総額の1/2以上であること。(併用住宅の場合)

 

このような方が利用できます

対象 

●次のいずれかに当てはまり、賃貸ではない、所有する住宅のリフォームを行う方。
① 50歳以上の方
② 要介護の認定を受けている方
③ 障がい者
④ ②か③に当てはまる親族または65歳以上の親族いずれかの同居人


●工事完了日から6ヶ月以内に居住している方。
●工事後の住宅の床面積が50㎡以上あり、その1/2以上に居住している方。
●増改築工事証明書などの必要書類を添付して確定申告できる方。
●合計所得金額が3000万円以下の方。


申請手続きは当社にお任せ下さい!
当社で工事をするメリット!

 確定申告には「増改築証明書」が必要です。当社は建築士事務所のため、当社で行った工事につきましては、無料で証明書を発行させていただいております。リフォーム減税には諸条件があります。
 また他にもお得な減税をご紹介できることがありますので、詳しくは当社にお気軽にご相談下さい。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-935-207

お気軽にご連絡ください

お客様の声

調布市のK様

中古マンションを購入して、内装のリフォームをお願いしました。誠実さと私どもの希望を汲み取り、的確なアドバイスいただいたので、グッドスマイルハウスさんに決めました。工事後、見違えるように綺麗になりグッドスマイルハウスさんにお願いして大変満足しています。

サイドメニュー

当社のニュースレター
スマイルだより

スマイルだより 最新号

当社のニュースレター「スマイルだより」のバックナンバーをご覧ください